『まだストアイン前ですし、 いまからDubLiの代理店登録するのはやはりギャンブルなのでしょうか?』

 

このようなご質問をいただきましたので、私なりの考えを書いてみたいと思います。

 

先行投資という言葉はご存知でしょうか?

読んで字のごとく、まだ起きてはいない未来の

相応の期待値が見込めると”自らが判断下した事柄に対して”

先に事業資金などを投入していくということですよね?

それは現在だけを見れば当たり前にマイナスになる事柄です。

ここから先の未来に、

投入した資金以上にリターンを見込むからこその先行投資なわけですからね。

当然そこには100%の確約は存在しないわけで、

人によってはその不安の大小の違いもあるでしょう。

 

では期待値とは?

 

確約された未来などありません。

『今』は今までの自分が選択してきた結果でしかありませんし、ここから先の選択も、

すべては『先行投資』であり、ただ、

“期待値としてのリターンが相応に見込まれるところに投資していくこと”

でしかないですからね。

誰だって不幸になりたくて生きているわけではありませんから。

 

ですが、

期待値を見込むといっても、未来のことなので100%はあり得ません。

重要なのは、

如何にしてその期待値の大きさを判断するのか、導きだすのか

p
の部分ですね。

 

皆さんのなかでFXや株などの経験あるかたはいらっしゃるでしょうか?

 

 

♦ オススメ銘柄はこれだ!

♦ ~が薦める!今年の人気目玉株はこれ!

♦ 20××年!超円高の時代が来る!?

 

こういった見出しの雑誌やTV番組などご覧になられたこともあるのではないでしょうか?

こうした株やFX、不動産などの世界では

『絶対に』という言葉は禁止なので、

有名な解説者も執筆者も100%未来にコミットすることはありませんが、


儲かりそうかも~!稼げるかも~!


というように、

ある意味さも“未来の利益を期待させるような書き方”ではあります。

ですが、それって当たり前ですよね?

執筆者は自らの期待値により導いた未来の予測を自らの考えで書いてるだけですし、

受け手側は、それをあてにし伸るか反るかは自分次第ですから。

いやならやめればいいだけですし、見送ればいいだけです。

 

ですがこういったFXや株などの投資の世界って、

 

 

騙された!詐欺だ!アイツがこういったから買ったのに大損したじゃないか!

こんなもの儲かってる奴なんかいるわけない!

 

 

こうした叫びや書き込みなどそこら中に溢れています。

2chとか見れば枚挙にいとまがありません。

 

さてでは、

この結果って一体誰の責任なのでしょう?

 

確約していない未来に期待し信じてベットし、

その結果にたいして損失を計上したのが自分ならば、

その損失のもととなる、

「情報を選択したことからの全てが自分の責任」

ですよね?

 

私はFXや株、実事業、インターネットマーケティングなど、色々な分野の成功されている方々と仲良くさせていただいてもいるのですが、

皆さん見ていますと、やはり当然のように失敗も損もしてたりしますよ?

ですが、この自己責任の部分が出来ていない人は、ただの1人も見たことがありません。

自らの基準に基づき先行投資していき、

70~80%の確率で得られる期待値にたいし、150%や200%以上の熱意と努力で取り組んでいるだけです。

センスや云々の差もたしかに多少はあるのかもしれませんが、

私の師匠も含め、近くで見させていただいておりますと、やはりすべからく覚悟が違いますし、人10倍人100倍の努力家でもあります。

(70~80%の確率ということは、残りの20~30%は当たり前に失敗もしている、ってことでもありますからね?)

ですが、仮にその今の取り組みが失敗したとして、何かに対してあとから責任転嫁するようなことはありませんし、

あっけらかんとまた次の見込んだ期待値にたいしてベットしていきます。

そして前に出した損失を補って余りある成果をあげられます。

 

ではDubLiに置き換えると?

 

たしかに日本のストアインもまだですし、

多少のルール変更などもありましたが、

(これはもともとが解釈違いで日本に広まってただけなのが原因なだけですが。)

当然確約されていない未来なので、

そういった事が起こったりするのも“当たり前”とも言えます。

我々はルールを作れる側にはいなく、受け手側なわけですからね。

ですが、私を含め、現在DubLiの代理店登録をしている、ということは、

“すべて自分の選択した結果”ですよね?

まだ確約していない段階からスタートするからこそ先行者利益は得られるわけですし、

それはDubLiに限らずどんな案件、事業でも同じことが言えます。


当然のように私でいえば相応の期待値を見込んだからこそしっかり取り組むのみですし、

私の仲間たちも同様です。

ルールが変わっただのなんだの誰1人後から言う人もいませんし、

ただ起こった事実にたいして対応するのみです。

そんなの株や為替の世界なら日常茶飯事のことですからね。(笑)

逆に言えば私のアップの師匠なんて

「VP上がったらDubLiにこのルールの変更直接進言しにいくから!」とおっしゃっております。

ルールを変えれる力をつけて、正面から堂々と直接DubLiに交渉しにいくなんて、めちゃくちゃかっこよくないですか??

まずこちら、達成されることでしょうけど(笑)

 

DubLiが成功するのかしないのか?

騙す騙された騙されてる?

 

そういう次元の話しではなく、実際これからがどうなるかなんて、

神じゃないので知るよしもありません(笑)

 

ただすでに成功しているもの、成功するものとして取り組むのみですし、

自分なんかより圧倒的に色々な分野で成功されてる直のアップであり、誘って頂いたわが師の言葉を信ずるのみです。


仮にもし失敗したら?

それはそれですよ(笑)

白旗あげてごめんなさい。はい!次!

なだけです。

 

 

誰かがこー言ったから、あー言ったから。

あの人が誘ったから、

ではなく、

その時その人の言うことを選択し、ベットしたのは自分です。

自分の人生の大事な選択を、他の誰か他人の言葉に委ねるのならば、

ではその人の言うことなら失敗しようと成功しようと完全に信じれるんですか?

という話です。

誰を選ぶのか、どの情報を選ぶのか、

この時点からすべてが自己責任ですからね。

これは投資というものにおいて、もっとも重要な考え方の部分です。

 

アイツが悪い、コイツが悪い、会社が悪い、政治が悪い、日本が悪い、世界が悪い

ではなくて、

まずは自分の意思決定にしっかり責任を持つ、ということが大切ですね。

合わせて言えば、

とかく不確定な未来なのに、

一か八か!伸るか反るか!

というように、

先行投資をまるで起死回生の1手のように考える方もたくさんいらっしゃいますが、

不確定だからこそ(未来への)投資は分散させることが大切だとも言われます。

お金のゆとりは心のゆとりにもそのまま直結してくる問題ですからね。

投資は余剰資金で、と言われる意味はこういう話でもありますので。

 

さて、けっこう長くなってしまいましたが、

先行投資というものに対する私なりの答えはこういったかんじになります。

 

ということで!

 

基本的に当サイトの方針は変わりません。

これからの世の中や技術革新など総合的に判断した上で、

このDubLiの魅力と可能性をこれからもお伝えするのみですね。

 

代理店仲間の誘致に関しましても、

お問い合わせ頂いた方にはそれぞれしっかり対応させて頂いておりますし、

まずはお問い合わせ頂いた方の意思を尊重した上で、参加する・しない、もう少し様子を見るなどのご提案もさせていただいております。

いちいち無理強いしたりしつこく迫って押し付けたりもしませんので。

 

自己責任をしっかりとお持ちの方と楽しくやっていけたらいいなと思っております。

 

DubLiは成功するのか?本当に開くのか?

騙されてないのか?

そんなことをあれこれ考えるより、

今しっかりと行動し取り組むことは、仮に失敗だった、となった場合でも、

学んで身につけたスキルや技術は次のところに生かしていけばいいだけですからね(笑)

 

 

 

 

 

 

関連記事はこちらです: